日水清心丸
〜〜〜〜 日水清心丸は、中国名「牛黄清心丸」といいます。日水清心丸「牛黄清心丸」は医薬品の漢方薬。日水清心丸「牛黄清心丸」は牛黄が中心の滋養強壮剤。〜〜〜〜
  日水清心丸は、中国名を「牛黄清心丸」といい牛黄を主成分とし動物生薬三種、植物生薬七種を配合した
 中成薬です。その起源は中国の北宋時代にさかのぼります。日本では室町時代の文献に牛黄清心丸が記載
 されています。
  日水清心丸(牛黄清心丸)の清心作用とは、「心」
を正常にすると言う意味で、ここで言う「心」とは
    <臓器としての心>、<精神感情としての心>のどちらにも作用します。

 牛黄清心丸の中医効能として益気養血、鎮驚安神、化痰。
 心臓の機能を改善し、高血圧、脳硬塞、脳硬塞の後遺症、神経麻痺に効果があります。
 痰の詰まりに伴う、胸部の発熱,動悸、不快感、目眩、中風、発作に伴う言語障害など症状に。
 中高年動脈硬化者は、脳卒中防止に。

  日水清心丸(牛黄清心丸)は、生薬の原末を
蜂蜜で練って丸剤としてあるので、常に蜂蜜の水分で湿潤状態
 になっているので、有効成分が溶け出しやすくなっており、即効性
が発揮されます。
 日水清心丸「牛黄清心丸」 牛黄の成分と作用 日水清心丸「牛黄清心丸」2  牛黄の話

心臓(心筋)の働きを高めて、どうき・息切れ・めまい・むくみなどを軽減します。
強心作用

血栓の生成を抑えるので、血液の流れを改善します。
血栓症改善作用

赤血球を増やすことで、貧血や立ちくらみ・血色不良などを改善します。
赤血球新生促進作用

毛細血管を拡張させて血行を改善し、肩こり、頭痛、めまい、のぼせなどを和らげます
血圧降下作用

胆汁の分泌を盛んにするとともに肝臓の働きを助けます。
利胆作用

手足のけいれんをはじめ、腹痛やさしこみなどの症状に効果があります。
鎮痙作用

病気をこじらせて、からだの内に入り込んだ熱を体外に発散させる働きがあります。
解熱作用

神経の興奮を和らげて、イライラ・不眠
といった症状を鎮めます。
鎮静作用

体内各所の炎症を抑えるので、内臓疾
患から体表疾病まで広く役に立ちます。
抗炎症作用
  ◆その他の成分と作用

羚羊角
中枢神経系統への抑制作用や解熱鎮痛作用が認められています。.

阿膠
たん白質、アミノ酸を多く含み、血液中のカルシウムを高め、赤血球やヘモグロビンの増加作用があります。

当帰
心血管系に作用し、血行をよくするので、婦人薬・冷え性薬・保健強壮薬・精神神経薬に高頻度に使われています

川きゅう
古来から、婦人、産科の要薬として各種漢方処方に配合されています。

甘草
甘草から形成されるグリチルリチンは、解毒作用・消炎作用を持つことが知られています。

芍薬
筋肉のけいれんを和らげ、鎮痛・鎮静作用を有し、甘草と組み合わせて用いられることが多い生薬です。

人参
副腎皮質ホルモンの分泌を促進させる作用があり、赤血球やヘモグロビンを増加させます。

桂皮
解熱・殺菌・解毒・血液循環の増強作用が認められています。

 防風
古来より、かぜ、頭痛に用いられています。
                              
このような症状の方にお薦めします
●ひどく疲れている方 ●蓄積した過労 ●高熱が続いて下がらない(意識が混濁) 
●ひきつけを起こす場合 ●胃腸が弱く、精力体力のない方 ●低血圧、高血圧の方 
●脳卒中の後、狭心症、心筋梗塞の方●糖尿病性白内障、動脈硬化症(特に間欠性跛行症の方)→
DHA・EPA の補食をお薦めします。 ●喘息、喘息様気管支炎 
●自律神経失調症、更年期障害(うつ不安、イライラ、めまい)→
コンクレバンとの併用をお薦めします。●睡眠不足の受験生 ●肝疾患(腹水がたまってい状態)
他にもこんな方にお薦めします 成分分量(1丸中)
 ●夏場のゴルフ。
 ●中高年の登山。
 ●長期旅行。
 ●介護疲れ。
 ●受験生。
 ●あらゆる病気の病中病後
 牛黄・・・・248.7mg
 当帰・・・・185.7mg
 センキョウ・・185.7mg
 甘草・・・・309.6mg
 芍薬・・・・309.6mg
 人参・・・・309.6mg
 桂皮・・・・248.6mg
 防風・・・・185.7mg
 羚羊角・・278.8mg
 阿膠・・・・216.6mg
 茯苓・・・・102.1mg
 山薬・・・・152.2mg
 添加物・・・香料(竜脳

漢方(漢方薬) 医薬品 通販(通信販売)   日水清心丸のお求めは・・・>  
コンクレバン  マツウラ牛黄清心丸のお求めは・・・>



高麗人参
サプリメントならNavi
くすりNavi
便秘薬Navi
水虫薬Navi
痔の薬Navi
ナガエ薬局のオリジナル。抜群のしょうがサプリが「王冠サプリ 金時しょうが」・純粋な高麗人参なら「紅参丹」!